Facebook Twitter
pornodingue.net

フェミニスト後の世界における新しいセクシュアリティ?

投稿日: 六月 18, 2021、投稿者: Otha Conzemius

女の子がまだ生殖能力と、養育者の親社会的バージョンにどれだけ適しているかについてまだ判断されていることは、小さな問題ではありません。 しかし、一部の女性はそれをすべて持ち込むことができる緊張を否定するだろうが、彼らはまた、そのようなストレスの起源である家の内外で労働部門の不平等を認めている。 平等な機会への基本的な権利は関係なく依然として存続しており、まだ戦われている戦いです。 | - |

私たちの母親の娘の世代の女性のセクシュアリティはどうですか? 避妊薬が女性が前例のない性的自由を許可したことは古いニュースです。 しかし、すべての職場/ホームライフの論争と同様に、女性は、女性のセクシュアリティの伝統的な見方にきちんと座らない場合、性的解放の旗の下で彼らが行う選択について中傷され、非難されます。 「素敵な女性はそうではない」は決まり文句かもしれませんが、その暗黙の否定的な判断は世界で忙しいままです。 | - |

しかし、それにもかかわらず、一部の女性は、たとえば、女性がセックス業界で働いている場合にのみ搾取されているという20世紀のフェミニストの議論に挑戦する、伝統的に男性アリーナのセクシュアリティを維持することを選択しています。 | - |

それでは、性的セクターが性的コントロールと力を維持する機会を提供できる新しいポストフェミニストの姿勢はどうでしょうか? 犠牲者のフードと操作の代わりに、多くの人はそれが女性の埋め立てであると主張しており、男性が支配する世界の女性のセクシュアリティに付随する汚名に対する根本的な勝利です。 あなたが同意するかどうかにかかわらず、ラップダンサーはすべての力を持つものであるか、女の子のためのポルノは単により大きな問題を白塗りするのではないと思うか、1つは確かに、女性は女性のセクシュアリティに付随する恥を揺さぶっていることです 。 | - |

これが明らかな領域の1つは、おそらく他のどの領域よりも多くの領域です。 グローバルなWebでのポルノの拡散が、メインのメインの主要なものであること、そしてそれが搾取的であるかどうかについての長期にわたる講演が絶対に合法であることを認めるのは公平です。 しかし、種の女性は、生殖的、結婚、使命の性別への欲求を抱いているだけだと考えるのはばかげているでしょう。 性的欲求のかつて秘密の世界への開放性が高まっているため、女性は性的欲求を主張し、オンラインで満たされています。 | - |

彼らが選択した場合、露骨な素材を楽しむことをいとわない、女性はまた、盗撮サーフィンから出てアクティブになることを選択しています。 オンラインデートの活況を呈しているビジネスが繁栄するにつれて、市場サイトのポケットが出現しており、女の子の新しい性的文化の承認を支援しています。 デートの典型的なエチケットは、女性が求めているものの解放的な誠実さで脇に置かれています。 支配したいという願望を調査したい場合は、できます。 あなたのスーパーサイズの体を楽しんでいる人に会いたいなら、専用のサイトがあります。 実際には、味や特別な性的実践が何であれ、女性と男性の両方が公然と宣伝しており、スティグマが付いていない志を同じくする人々を満たしています。 | - |

たとえば、フェティッシュシーンを見てください。 女の子は、エキスパートサイトを通じてパートナーと出会い、フェティッシュシーンで他の女の子と友情を築き、A'vanilla 'ドレスコードの下で組織されている限り、 普通の場所での毎日の摩耗。 | - |

性的革命が回転を止めたと誰も述べていません。 最近のメディアによると、女性が働いて家族を持っている女性に焦点を当てていることによると、女性に悪影響を与える問題に挑戦し、議論する必要があります。 フェミニズムの古い源が迷い込んだとさえ言うかもしれません。 しかし、このポストフェミニストの世界では、女性は間違いなく前例のない方法でセクシュアリティを主張し、クローゼットから出て、恥ずかしくも自分でそれをしています。 | - |